雨の日にオススメ!子どもが飽きない室内遊び9選




こんにちは、ままゴンです。雨の日が続くと、外遊びができずに子どもは飽きてしまいますよね。

だからといってショッピングモールで足をのばすと、激混み!!

考えることはみんな同じですね(笑)

今回は、子どもも親もマンネリしないオススメ室内遊びをご紹介します。

スポンサーリンク

家にあるものを活用しよう!

新聞紙・チラシでビリビリひらひら遊び

新聞紙やいらなくなったチラシを思いっきりやぶってストレス発散!!

大人もなかなか気持ちいいですよ。

ぐしゃぐしゃに丸めてみたり、細長く切ってみたり、いろいろな形を提示すると子どもが飽きずに楽しめます。

満足するまで破ったら、それを花吹雪のように散らしてみましょう!

「おめでと~!」や「やった~!」など、子どもになじみやすいワードといっしょにひらひらひら~っとさせると、子どもたちも大はしゃぎ間違いなし!!

最後は、ビニール袋や空き箱などにいっしょにお片付け競争!

ままゴン
たくさん集めた方が勝ちだよ~
チビゴン1号
やるやる~!よーいドンだね!

イヤイヤ怪獣チビゴン1号もノリノリでお片付けしてくれました。

チビゴン2号
あむあむあむ・・・
ままゴン
た、食べちゃダメーーーー!

※赤ちゃんのいるお部屋では誤飲にご注意を・・・

ふわふわティッシュをつかまえよう遊び

大人がイスのうえに立ち、ティッシュを落とします。

ふわふわ予測不能なうごきをするティッシュをキャッチする、俊敏性もきたえられる楽しい遊びです!

扇風機やエアコンの風があると、より一層たのしめますよ!大人がうちわを使ってふわふわさせるのもオススメです。

光を追いかけろ!懐中電灯でおおはしゃぎゲーム

カーテンをしめて部屋を暗くします(それだけで特別感が出て、子どもはよろこびます)。

かべや床に懐中電灯の光をあて、子どもに追いかけてもらいましょう。

反対に、追いかけてくる光から逃げてもらうのもアリ!

 

親はソファに座って、子どもはからだを使って遊べる。なんて素敵な遊び!←おいっ笑

紙飛行機でよーいどん!ゲーム

折り紙やチラシで紙飛行機を作り、どっちが遠くへ飛ばせるか競争!

定番ですが、やっぱり子どもは喜びます。

わが家では廊下を使って「紙飛行機vsチビゴン1号」のレースを開催しますが、注意点がひとつ・・・。

この場合、チビゴンの目には紙飛行機しか映っていません。まわりに家具があろうと、壁があろうと、チビゴン2号がハイハイしてようと、まったく見えていません。

思わぬ事故が起きないよう、事前の安全対策は万全に!!←前科あり・・・

パパにあげる?折り紙でお弁当をつくろう

折り紙をくしゃくしゃに丸めておにぎりにしたり、細長く丸めてポテトにしたり。

はさみやのりを使わなくてもステキなお弁当が作れます。

一緒にお菓子作りもいいですが、折り紙で自由につくれるお弁当もオススメです!

チビゴン1号
パパにプレゼントだよ~!いつもありがとう
ぱぱゴン
とっても嬉しいよー!よーし、これからは育児にもっと参加するぞ~!

 

ままゴン
こんな展開にならないかなぁ~・・・

↑ 注:これは妄想です

 からだを動かして遊ぼう!

童謡にオリジナルのふりつけをしよう

子どもが知っている童謡や、教育テレビのうたにオリジナルでふりつけをして踊っちゃいましょう!

大丈夫!誰もみてません!!笑

「ぞうさん」に合わせて腕をゆらゆらさせたり、「どんぐりころころ」に合わせて布団の上でゴロゴロしてみたり。

子どものお気に入りの曲で一緒にからだを動かすと、大人もストレス発散になります。

 

私もよく全力で歌って踊っていますが、その姿は家族以外にはみせられません。

手あそびうたで遊ぼう

「ひげじいさん」や「しあわせなら手をたたこう」など、うたに合わせて手あそびをするのもオススメです。

この手あそびうた、実はものすごい数のレパートリーがあるんです!保育士さん尊敬!!

手あそびうたなんて知らない・・・という方、大丈夫です。

動画サイトで「手遊び歌」と検索すると、山のようにでてきます。

宝探しゲームにチャレンジ!!

この遊びには事前準備が必要です。

まず、宝物を決めます。

例)お気に入りのおもちゃ、おやつを入れた包みetc・・・

それを子どもの見ていない隙に隠しておきます。

準備ができたらチャレンジスタート!ときどきヒントを出しながら、家の中を冒険しましょう~!

一番難しい場所に、とっておきの宝物を隠しておくと、全部見つかったときに達成感があじわえてオススメです!

思い切って外に出よう!

雨の日にしかない体験を

雨の日は室内で・・・という固定概念をくつがえすのもありです。

長靴をはいて、カッパを着るだけで子どもは特別な感じがしますよね。

水たまりでばしゃばしゃしたり、雨粒のつくクモの巣をみつけたり、水面にひろがる波紋を観察したり。

雨の日にしかできない貴重な体験もたくさんあります。

風邪をひかないように注意しつつ、多少の服の汚れには目をつぶって、思い切って外に出るのも大切ですね。

まとめ

いかがでしたか?

まとめてみると、どれも簡単にできるものばかりです。

雨の日が続くと、どうしてもテレビやDVDに頼ってしまいがちですが、ちょっとした工夫であそびは無限にひろがります。

ぜひ試してみてください!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    ままゴン

    「子育てママに笑顔とゆとりを」がテーマの2児ママ主婦ブロガー。 孤独になりがちなママに寄り添うママ友的ブログを発信中。 理学療法とママの視点を融合した「産後ダイエットシリーズ」を連載してます! 家事は適度に子育て全力。仕事に励んで資格もほしい。わがまま放題。基本的に大ざっぱ。苦手な家事は断トツで掃除。 詳しいプロフィールは↓ Website をクリックしてね♪