食べ過ぎは問題なし!?離乳食「規定量」は気にしないゆるゆる育児のすすめ




こんにちは、ままゴンです。

生後5~6ヶ月ころからスタートする「離乳食」

ママにとっても「離乳食の進め方」はわからないことだらけ!と、戸惑うことが多いですよね。

赤ちゃんの数だけ悩みもある!

中でも今回は

ままゴン
うちの子、食べ過ぎじゃない??!大丈夫??!
チビゴン2号
もぐもぐもぐもぐもぐもぐもぐもぐもぐもぐもぐ・・・・・

よく食べる赤ちゃん、育児書の規定量は守るべき??

の悩みについてお届けしていきます。

 

あくまで私の個人的な見解ですので、ほんまでっか~?的なスタンスでお願いします。

最初の「規定量」については一般論ですのでさらっと。

知ってるよ~という方は目次からジャンプしてください。

では、はりきっていきましょ~♪

スポンサーリンク

そもそも離乳食の「規定量」ってどのくらい??

まずは離乳食の規定量について、厚生労働省の指針をもとにまとめていきます。

が、書いてても細かくて目が回る・・・。

読むと眠くなる方はどんどんスクロールしちゃってくださ~い ←おいっっ!笑

離乳初期 生後5~6ヶ月

最初は1日に1回、10倍がゆを小さじ1さじからスタートします。

少しずつ量を増やしていき、1週間を目安にすりつぶした野菜をあげてみましょう。

慣れてきたら白身魚などのタンパク質も始めます。

 

離乳初期は赤ちゃんが食べ物に慣れることが一番の目的です。

具体的な規定量はありません。

離乳中期 生後7~8ヶ月

離乳食の回数を1日2回に増やします。

1回あたりの規定量は、

炭水化物(7倍がゆやうどんetc):50~80g

ビタミン&ミネラル(野菜・果物):20~30g

タンパク質(白身魚や鶏ひき肉etc):10~15g

or (豆腐)        :30~40g

アレルギー反応に注意しながら、卵(最初は卵黄のみ、大丈夫であれな少量ずつ卵白)を与えてもいい時期です。

初めての食材は平日の午前中に与えるようにし、異変があればすぐに病院へ行けるようにしておきましょう。

離乳後期 生後9~11ヶ月

離乳食の回数を1日3回に増やします。

1回あたりの規定量は、

炭水化物(全がゆ~軟飯やうどんetc):80~90g

ビタミン&ミネラル(野菜・果物):30~40g

タンパク質(白身魚や鶏ひき肉etc):15g

or (豆腐)        :45g

乳製品やいも類、納豆や海藻など、食べられる食材は積極的に与え、いろいろな味を経験させてあげましょう。

初期は味付けは不要ですが、月齢が進むにつれて、だし、塩、しょうゆ、味噌などの調味料も少しずつ使用し、味付けのバリエーションも増やしていきましょう。

離乳完了期 生後12~18ヶ月

1歳を過ぎれば、栄養素的にはいつ断乳、卒乳しても大丈夫です。

1回あたりの規定量は、

炭水化物(軟飯やうどんetc):80~90g

ビタミン&ミネラル(野菜・果物):40~50g

タンパク質(白身魚や鶏ひき肉etc):15~20g

or (豆腐)        :50~55g

この時期になると、大人の料理からの取り分けもできるようになってきます。

味付けは薄味を心がけましょうね♪

ママ、離乳食作り、お疲れ様でした!!

うちの子、とにかくよく食べるんです・・・

やっと本題です(笑)

食べ過ぎは問題か??

規定量通りに用意した献立でも、ペロッと食べちゃう子っていますよね。

うちの長女(チビゴン1号)がそうでした。

ままゴン
もう終わりだよ~、よく食べたね~♪
チビゴン1号
・・・。ギャーーーーー(号泣)
チビゴン1号
足りないんじゃ~!!もっと持ってこーい!!怒
ままゴン
ヒィィ~!すぐにお持ちいたします~泣

こんな感じで、もう規定量とか関係ありませんでしたね。笑

 

そもそも「規定量」はあくまで目安であり、絶対に守らなければいけないものではありません。

また、1回の食事でとらえる必要もなく、1日、1週間、1ヶ月などの長い期間で考えればいいのです。

「離乳食の量」ではなく、「赤ちゃんの成長」で考えることが重要です。

食べすぎかな?と感じても、成長曲線の範囲にはいっていれば、それは赤ちゃんにとって必要な食事量であるといえます。

規定量通り、すべての食材を量る必要性は?

上記のとおり、1回の食事で「規定量」にこだわる必要はありません。

一方で、栄養面でのバランスは大切です。

炭水化物・タンパク質・ビタミン&ミネラル

この3大栄養素のバランスを整えながら、献立を考えることは必要なことです。

 

ままゴン
だからって、いちいち量るのはめんどくさ~い
ぱぱゴン
・・・正直なとこがままゴンらしいね。笑

 

いや、めんどくさいでしょ!ママは忙しいんです!!

 

毎食すべての食材を量る必要はありません。

1日や1週間トータルで考えればいいので、「朝はパン粥が中心で偏ってるからおやつはバナナにしようかな?」

とか、

「お昼と夜でタンパク質と野菜を多めにあげよう♪」

といった感じで、栄養を整えていけば問題ありません。

 

よく食べる子の場合も同じように考えればOKです。

「さっきはお粥を多めにあげたから、次は野菜中心に増やしてみよう!」

このくらいのゆるゆるスタンスでいいんです。

ミルクや母乳とのバランスは??

よく食べる子の場合、ミルクを足す量は減らした方がいいか?と悩みますよね。

月齢の小さいうちは、離乳食の量は気にせず、目安量に従ってミルクを足してしまって問題ありません。

月齢がすすみ、離乳食の回数や量が増えてくると、赤ちゃんによってはミルクを飲みたがらなくなる子も出てきます。

逆に、離乳食もどんどん食べ、ミルクもぐびぐび飲む子もいます。

この場合、赤ちゃんのペースに合わせてミルクの量を調節してあげましょう。

お腹いっぱいならミルク量が減っても問題なし!

(ミルクを規定量以上にあげるのは控えましょう。飲みたがる場合は、離乳食の量を増やして満足させてあげましょうね)

離乳後期~完了期にかけては、栄養面を補う目的で「フォローアップミルク」に切り替えるのもオススメです。

母乳に関しては、深く考えすぎず、ほしがるだけあげてOKですよ♪

ゆるゆる育児のすすめ

大人だって、食べムラはあるよね?

「規定量」にとらわれすぎる必要はありません。

大人だって、食欲が止まらない日ってありますよね??

疲れていて食欲がない日もありますよね??

赤ちゃんだって同じです。育児書通り、毎食きっちり食べる子なんていません。

それでいいんです!←川平風。サッカーファンには伝わる??

大人だって、好き嫌いはあるよね?

大人だって、好きなものはどんどん食べちゃいますよね??

焼き肉?カレー?甘党の人はケーキバイキングなんかもう!止まりません!!

赤ちゃんだって同じです。おいしいと感じる食材はもぐもぐ食べます。

ちょっと苦手な食材はべ~っと吐き出すかもしれません。

それでいいんです!!くぅ~っっ!!←博多華丸風。ものまねの方ね。

ママだって、ゆる~く考えないとね

育児書の情報であたまでっかちになりすぎると、ママは余計つかれてしまいます。

「なんで規定量はあげたのに泣くの?」

「私がなにか間違ってるの?」

なんていう風に、悩みが増えるばかり。

 

ゆるゆる育児で大丈夫です。

成長曲線を目安にして、長いスパンで赤ちゃんの成長を見守ってあげましょう。

 

こまかいことで悩むママより、笑顔のママ!

赤ちゃんにとって、ママの笑顔が一番です♪

おまけの話

肥満になるのが心配?それなら運動が一番!!

離乳食も食べて、ミルクもがぶがぶ・・・

このままだと肥満になるのでは??と心配なママもいると思います。

 

ただ、生後1~2年の離乳時期はあまり深く考えすぎる必要はありません。

肥満を気にして、離乳食やミルクの量を減らすことは、赤ちゃんにとってデメリットの方が大きいです。

 

太りやすい家系だ!などの理由で、どうしても肥満が気になる場合は、体を使った遊びをたくさんしてあげましょう。

ハイハイをしたり、つかまり立ちで歩いたりする時間を増やすことは、赤ちゃんの成長にも大切です。

 

2~3歳ころになっても成長曲線からはみ出してしまっていたり、肥満体型が気になる場合は、運動にくわえて食事内容(脂質の量など)を見直す必要があります。

 

赤ちゃんの時期は、たくさん食べて、たくさん遊ぶ!!

これで、いいんです!←しつこい。笑

今日のまとめ

 

今回は、「食べ過ぎは問題なし!?離乳食「規定量」は気にしないゆるゆる育児のすすめ」についてお届けしてきました。

おさらいポイント
規定量はあくまで目安

1回の食事ごとではなく、1日や1週間など長い期間で考えよう

大切なのは「離乳食の量」ではなく「赤ちゃんの成長」

赤ちゃんだって大人と同じ、食べムラはあって当たり前

乳児期は食べ過ぎ・肥満は気にしない!

気になるときは、体をつかった遊びを取り入れよう!!

ママの笑顔が一番♪

 

ゆるゆる育児で、ママも赤ちゃんも笑顔が増えますように

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
↓ぽちっとしていただき、フォローなんぞしていただけると嬉しいです







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ままゴン

「子育てママに笑顔とゆとりを」がテーマの2児ママ主婦ブロガー。 孤独になりがちなママに寄り添うママ友的ブログを発信中。 理学療法とママの視点を融合した「産後ダイエットシリーズ」を連載してます! 家事は適度に子育て全力。仕事に励んで資格もほしい。わがまま放題。基本的に大ざっぱ。苦手な家事は断トツで掃除。 詳しいプロフィールは↓ Website をクリックしてね♪