【上の子可愛くない症候群】母親と父親の役割はまったくちがう!求められる役割とは?




こんにちは、ままゴンです。

今回は2人目育児の大きな壁「上の子可愛くない症候群」についてお届けしていきます。

どうしてお届けしようと思ったか、それは、

「上の子可愛くない症候群」に悩む時期こそ、母親と父親の役割がまったくちがうということに気が付いたからです。

ぱぱゴン
え??そうなの???
ままゴン
まぁ落ち着いて。これから詳しく説明しよう!

 

では、いってみましょう~♪

はじめは「上の子可愛くない症候群」の概要なので、ママ・パパの役割が気になる方は目次からジャンプしてください。

スポンサーリンク

そもそも「上の子可愛くない症候群」ってなに??

2人目の子どもが生まれると、なぜか上の子にばかりイライラしてしまう・・・というママはとても多いです。

自分でもそのイライラが抑えられず、

抱きしめたいのにうまく笑えず、

上の子だって可愛いはずなのにいっぱいいっぱいになってしまい、

ついつい感情的に怒ってしまう・・・。

「こんな母親じゃだめだ」と自己嫌悪に陥り、でも2人の子育ては待ったなし!!

 

これがいわゆる「上の子可愛くない症候群」です。

2人目育児の大きな壁
果てしなく高い壁に思えてしまいますが、あくまで一過性のもの。

この壁をうまく乗り越えることが、その後の家族との絆を深めることにつながります。

上の子だって可愛いのにはずなのに・・・原因は?

ホルモンバランスの乱れ、育児ストレス

まずはこちらのCMをご覧ください。

数年前に放送されていた「ルナルナ」のCMです。

このCMは、女性が生理前になんともいえずもやもやする気持ちをとてもわかりやすく表現しています。

    • なんか眠いと思ってたら、きてしまった(生理が)
    • ぼーっとする
    • 花にさえイライラする
    • 人に会いたくない
    • うまく笑えない

CMの中で、女優の満島ひかりさんが静かなナレーションとともに絶妙にけだるい感じの女性を演じています。

 

女性はホルモンバランスに大きく左右されながら生きています。

だって、ただきれいに咲いてる花にさえイライラするんですよ??

男性からしたら想像しにくいかもしれません。

ただ、このもやもやした感情は自分でコントロールすることが難しいのです。

(症状がひどいと、ホルモン剤の治療が必要な方もいるくらい)

 

出産後、女性のホルモンバランスは大きく崩れます。そこに、子育てでの負担やストレス、プレッシャー、上の子の強すぎる自己主張・・・。

花にさえイライラする女性が、上の子にイライラするのは止められません(笑)

赤ちゃんを守らなきゃ!という母親の防衛本能

母親には「赤ちゃんは弱いもの。外敵から守らなければならない」という防衛本能があり、父親よりも強くそれがはたらきます。

上の子はママにかまってほしいがために、赤ちゃんに危害を加えてしまうこともあります。

ママは赤ちゃんを守るために上の子にイライラしてしまうのです。

上の子のイヤイヤ期・赤ちゃん返り

「魔の2歳児」「悪魔の3歳児」ということばが存在するくらい、この年代の子どもは第一次反抗期を迎え、自己主張が激しくなります。

やることなすことすべてが「いやっ!!」

これは大切な成長過程ですが、毎日毎日それに向き合うママはけっこう・・・というかかなり大変です。

 

それに加えて、赤ちゃんが現れたことによる「赤ちゃん返り」

ただでさえ下の子のお世話で大変な毎日に、イヤイヤ怪獣の攻撃を受ければ、誰だってイライラします。

自分の悪い部分を見ているような気持ちになる

「上の子可愛くない症候群」は、特に上の子が女の子(ママと同性)の場合に強く感じることがあるといわれています。

上の子が成長するにつれ、良くも悪くもママのまねをするようになります。

自分のみたくない部分や、よくない口癖をまねされたり。

普段なら可愛くみえる場面でも、火に油を注ぐようなタイミングだとママはイライラしてしまうものです。

お姉ちゃんはちっこいままゴン?

2017.10.04

ママとパパ 求められる役割とは??

筆者が「ママとパパの役割のちがい」に気づいた理由

やっと本題です(笑)。

私が今回のポイントである「ママとパパの役割のちがい」に気付いたのは、私の大好きなブロガー「三十路男」さんの記事を読んだことによります。

『上の子が可愛くない』を正当化しないでほしい!|三十路男の悪あがき

 

とても子煩悩な三十路男さん。記事からは奥様とお子さんへの愛情があふれています。

この記事は、「上の子が可愛くない」なんていわないで!上の子は可愛いんだ!!ということが強く伝わってくる記事です。

 

こんな風にストレートに家族を愛することができる男性はとても素敵です。

そして、それこそがパパに求められる役割なのでは?と気が付いたのです。

ママの役割

ママの役割は、上の子と赤ちゃんのお世話をすること。もちろん旦那さんと協力し合いながらです。一人で抱え込む必要はありません。

文字にするとたったこれだけですが、これが本当に大変なことです。

 

赤ちゃんの授乳、オムツ替え、上の子の食事の支度、着替えや片付けを自分でできるよう声掛け、トイトレ、お風呂、寝かしつけ・・・

育児ストレスでイライラしようと、夜間授乳で寝不足だろうと、子どものお世話に待ったなし!!

ママはお世話をするという役割だけでも大仕事です。

パパの役割←ここ重要

パパの役割は、ママがお世話に追われて注ぎ切れていない「上の子への愛情を表現し、伝えること」。そして、ママのケアです。

ママにだってもちろん上の子への愛情はあります。今までとなにも変わらず、ママの心の中には上の子への愛情があふれています。

しかし、育児に追われ、ストレスに押しつぶされ、ホルモンバランスにふりまわされ、それを表現できなくなっているのです。

だって、花にさえイライラする状態ですよ?←2回目

 

そこで重要なのがパパの役割!!

パパこそが、今までと同じように上の子に愛情を伝えることができる存在なのです。

上の子は、ママの胸の内に隠れている愛情に気付く、なんて難しいことはできません。

愛に飢え、抱きしめてほしいはず。ママもそれはわかっているんです。

うまく表現できないママの分の愛情を

パパがストレートに伝え、表現し、上の子の気持ちを満たしてあげることが

この時期のパパの重要な役割ではないでしょうか。

 

そしてもうひとつ、ママのケアです。上の子に対してイライラしてしまう、ママはそんな自分を責めてしまいがちです。

パパはママのイライラを理解し、寄り添ってあげてください。

ママのこころの負担が軽くなることで、気持ちに余裕がうまれ、上の子と向き合う時間だってできるのです。

これも、パパにしかできない大切な役割だといえます。

この時期に一番注意すべきこと!

「上の子可愛くない症候群」はあくまで一過性のものだといわれています。

しかし、いくら一過性とはいえ、この時期に注意すべきこともあります。上の子のこころにキズをつくらないよう、夫婦間にみぞができないよう、十分注意しましょう。

上の子に感情を悟られるな!

いくら上の子にイライラしてしまっても、「可愛くない」という感情を上の子に悟られないようにしましょう。

一過性のもので、ママが上の子にまた愛情を注げるようになった時、上の子のこころに埋められないキズができてしまってはもう遅いのです。

イライラしても、感情的な言葉をぶつけることは控えましょう。

また、1日に数回でも、上の子だけをハグする時間をつくることも有効です。

禁句ワードは使わない!!

上の子は自分で望んでお兄ちゃん、お姉ちゃんになったわけではありません。

「お兄ちゃんなんだから」「お姉ちゃんでしょ?!」という言葉は禁句ワードです。

こういわれてると、上の子は赤ちゃんをねたみ、余計いじわるをしてしまうことにもつながります。

パパはママを責めてはいけない

育児中、なんでもないようなことにもイライラするママ。上の子に厳しく叱るママ。

パパはそれでもママを責めないでください。

もしママがイライラしすぎているようなら、ママを責めるのではなく、ひとりの時間をあげてください

パパがママの一番の理解者であることが、その後の夫婦関係を良好に保つことにもつながります。

ママは自分を責めてはいけない

「自分はダメな母親だ、母親失格だ」と、まじめで一生懸命なママほど自分を責めてしまいがちです。

しかし、自分を責めてもなにひとついいことはありません。

自分はがんばってる!と、自分を認め、イライラすることも含めて自分を受け入れることが、この時期を乗り越える有効な手段のひとつです。

ただひとつ、断定できること

上の子は可愛い!!!

これだけは断言できますが、いくらイライラしていようと、厳しく叱ってしまおうと、

ママだって『上の子は可愛い』んです!

それがうまく表現できなくなってしまうだけで、日々いろんなことに追われ、一時的にみえなくなってしまっているだけで、

上の子も赤ちゃんも、どっちも可愛いんです!!

赤ちゃんができたことで、100%注いでいた愛情が10%に減ってしまったわけじゃないんです!!

どっちも100%可愛いんです!!!

「上の子可愛くない症候群」なんて呼び方が悪くないか??

そもそも「上の子可愛くない症候群」なんていう呼び方がおかしいと思いませんか??

そんな呼び方だから、ネガティブなイメージしか抱かないし、

その時期にいるママたちは自分を責めるし、すんごく悪いことしてるような感覚になるし・・・。

この呼び方が浸透してるから、ちょっと上の子にイライラしただけで「あれ?もしかして、上の子のことを可愛く思えなくなってる?」って勘違いしてしまう!!

 

「上の子可愛くない症候群」という言葉がなくなり、もっとポジティブな名称が浸透していくことを願います。

例えば・・・

ままゴン
ついイライラしちゃうけどほんとは大好きだよ症候群!!!!
ぱぱゴン
ネーミングセンスが・・・・・!!!!?

今日のまとめ

今回は「【上の子可愛くない症候群】母親と父親の役割はまったくちがう!求められる役割とは?」についてお届けしてきました。

    おさらいポイント
  • 上の子可愛くない症候群は、ホルモンバランスの乱れや育児ストレスが原因
  • 上の子の成長過程「第一次反抗期」や「赤ちゃん返り」が重なることも原因のひとつ
  • ママの役割は子どものお世話をすること
  • パパの役割は上の子に愛情を表現すること、ママのケア
  • ママは自分を責めない、パパはママを責めない
  • ママだって上の子は可愛い!!

この時期は子育ての中で最も大変な時期といえるかもしれません。

この時期を家族でうまく乗り越えることが、絆の深まる良好な家族関係を築くことにもつながります。

ぜひみなさんで、ポジティブな名称を考え、世に浸透させていきましょう!!

~お兄ちゃん・お姉ちゃんへ、愛情を伝えるプレゼントはいかがですか?~

絵本の読み聞かせはママとの大切なふれあいの時間

うまく伝えらきれない愛情を

絵本を通して伝えてみましょう

きっとお子さんの素敵な笑顔に出会えますよ♪



※絵本児童書図鑑5万タイトル以上、絵本グッズ約3千アイテムを販売。

7,000冊以上が一部ためしよみOK、1,700冊以上が一冊丸ごと全ページためしよみOK。

お子さんにあった絵本をじっくり選べる絵本ナビで、素敵な1冊と出会えますように・・・♪

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
↓ぽちっとしていただき、フォローなんぞしていただけると嬉しいです

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    ままゴン

    「子育てママに笑顔とゆとりを」がテーマの2児ママ主婦ブロガー。 孤独になりがちなママに寄り添うママ友的ブログを発信中。 理学療法とママの視点を融合した「産後ダイエットシリーズ」を連載してます! 家事は適度に子育て全力。仕事に励んで資格もほしい。わがまま放題。基本的に大ざっぱ。苦手な家事は断トツで掃除。 詳しいプロフィールは↓ Website をクリックしてね♪