母乳はいつまで出る?卒乳から3か月たった2児ママのリアル体験談




かけがえのない時間・・・とはいいつつ、

めちゃくちゃ大変だった授乳期間を無事に終えて、やっと自由の身となった今日この頃、皆さまいかがお過ごしでしょうか?←時候のあいさつから入ってみたww

 

この記事を書く3か月ほど前、完母で育てていたおっぱい星人の次女ちゃんがやっとこ卒乳いたしました。

お酒が飲める毎日に解放感をかみしめる毎日ですが、ふと、入浴中に頭にはてな?が浮かびました。

「母乳って、いつまで出るんだろ・・・?」

 

フリーライターの血が騒ぎ、気になったのでとことん調べまくってみました!

  • カチカチおっぱいに悩むママ
  • 卒乳したのに止まらないおっぱいに恐怖さえ感じつつあるママ
そんなママたちに届くよう、全力でおっぱいの神秘を解明していきます。

断乳・卒乳は寂しい?嬉しい?ママたちの特別な思いを集めました

2018.10.06

スポンサーリンク

母乳はいつまで出るの?いつまでたってもチョロっと出るおっぱいの不思議

授乳まっただ中の時は、

「ちゃんとおっぱい出てるかな~」

「栄養、ちゃんと足りてる?お腹いっぱいになってる?」

なんて母乳不足の悩みもあれば、

「カチカチすぎてツライ~!!」

「乳腺炎で高熱出すぎて死亡フラグ・・・」

なんて日もありました。。。(すでに遠い思い出)

 

そして現在、卒乳してみると今度は

「私のおっぱい…いつまで出るわけ??」

となるわけで。ママにとって切っても切り離せないおっぱいの悩み。

悩んでいるママ仲間は大勢いました!

いつまで母乳・・・っていうか、液(?)が出るんでしょう

ヘンな質問ですみません。
息子1歳の誕生日で、母乳を止めました。
出は良かったんですが、もう欲しがらなかったので、卒乳って感じです。
それから7か月が経ち、ふと、まだ母乳が出るか試してみたら・・・にじみ出るようにオイル?が出ました(--;)

~中略~

もう7か月たつのに・・これが普通なんでしょうか??

私は、子ども産んでから卒乳して、数年ほど出てましたよ。いつまでも出るんだろうと思ってました。油っこくはないですが、白いのが出ることもありました。今でも、生理前に胸が張った時に出ることもあります。

授乳を止めて2年たった時受けた乳がん検診でまだ触ると少し母乳が出る事を相談したら、一応調べてみましょうと母乳を取られて検査に出されました。結果は特に異常はなく、卒乳後数年滲むのは結構あることみたいです。

私も卒乳3~4年、絞ると薄い白いのが出てましたよ。
別に変ではないと思います^-^

お風呂で出してみたら 飲んでいた本人(子供)は
「ママ!大丈夫??」と驚いてて 笑ってしまいました。

引用:yahoo知恵袋

卒乳から3か月たった私の体験談…まだ片乳は出てるよ!

卒乳後、2~3年はにじむ程度におっぱいが出続ける人もいるようですね!

当の本人である私はというと・・・

卒乳から3か月

右乳だけおっぱい?透明に近い液体??が出ます~

 

ちなみに、左乳は卒乳前からあんまり出がよくなくて、最後のほうは右だけをくわえさせてました。

ということで、左乳に関しては卒乳から5~6か月はたってます。

 

ここで気になる疑問

  • いつまでも母乳が出続けるって、なにかデメリットはある??
  • 病気のリスクは??
もしリスクがあるなら、何かしらの対処は取りたいですよね!!

スポンサーリンク

卒乳後も母乳が止まらない?!気を付けたい病気のリスク

いつまでたっても母乳が止まらない。。。

これはそこまで気にする必要はないようです。

ただし、気を付けたいポイントがあるのも事実!まとめてご紹介していきます。

母乳量が多いと乳腺炎になる可能性も…?

もともと母乳量が多かったママさん

卒乳だぁ!断乳だぁ!と意気込むあまり突然おっぱいを完全オフするのはNGです!!

 

今まで滝のようにあふれ出ていたおっぱい

急には止まれません。詰まります。事故ります。熱出ます。乳腺炎へとまっしぐらです。。。

 

母乳量が多いママさんに限ったことではないですが、卒乳直後はしっかりとおっぱいをケアしてあげましょう!

断乳・卒乳後のおっぱいケア方法は?痛みや張りトラブルに悩まない上手な進め方

2018.10.06
こんなこと言っておきながら、長女の卒乳直後は見事に乳腺炎の餌食となりました。。。涙

本気でツラいっす!!おっぱいケア大事!!

胸にしこり?!詰まったおっぱいの放置はNG!

乳腺炎になるときって、行き場を失った母乳たちがおっぱいの中で迷子になり、炎症という名の置き土産を残していきますよね。怒

おっぱい全体がカチカチになることもあれば、ある部分だけが石のように硬くなることも(私はこのパターン)

 

こうなると、触られるだけで激痛です。地獄。

炎症MAXなおっぱいにタックルしてくる子ども。地獄。

子ども相手にヤンキー並みの怒鳴り声で怒りをぶちまける自分。地獄(3回目)。

 

そんな地獄絵図の引き金となるしこりちゃんですが、問題はその場の痛みだけじゃないんです。

ひと昔前までは、しこりとなって残った母乳が乳がんの原因となる、といわれてきました。

が、最新の見解はちょっと変化しているようで?

乳癌で切除した乳腺に、しばしば乳腺症が見られることから、乳腺症が乳癌に進んでいくのではないかといわれていたことがありましたが、現荘では乳癌が乳腺症から発生するという考えは、ほぼ否定されています。乳腺症だからといって、とくに乳癌になりやすいわけではないということです。

引用:中澤プレスセンタークリニック

 

 

乳腺炎=乳がんのリスクを高める!と考えられていたのは、どうやら過去の話になりつつあるようです。

が、体内にしこりを残しておくメリットは何ひとつないですよね?

気になるし。子どもにぐりぐりされると痛いし。

 

母乳が完全に止まる前に、気になるしこりは絞り出しておきましょう!

もし自分ひとりでは難しい場合は、母乳外来などで助産師さんのゴッドハンドに頼りましょう。

他力本願でなにが悪い。w

どーしても気になる!卒乳後のおっぱいを止める対処法3つ

気にしなくて大丈夫~~~

なんて言われても、いつまでもちょろちょろ出続ける液体…ちょっと気になりますよね。

 

そこで、おっぱいの蛇口を完全閉鎖すべく、私が試し始めた3つの方法をこっそりご紹介していきます。

1.搾乳回数を少しずつ減らそう~やたらめったら絞らない!

気になるおっぱい・・・

えいっ(絞ってみる)

あ、まだ出るな

 

再び気になるおっぱい・・・

(またもや)えいっ(絞ってみる)

あ、やっぱり出るね

 

コレ、全然だめなやーつです。笑

 

おっぱいは絞れば出ます!(どーーん)

 

乳首への刺激は、そのまま「おっぱい作れ!」の刺激として脳に伝わります。

気になるあまり、何度も何度もおっぱいを絞っていては止まるもんも止まりません。

 

卒乳からある程度の期間がたったら、もうこの際おっぱいのことは忘れましょう。

間違ってもお風呂に入るたびに定期観察なんてしちゃダメですよ!!

私?いやいや、そんなこと・・・してませんって・・・滝汗

2.おっぱいを温めすぎないで!

母乳の出が良すぎる場合は、なるべくおっぱいを温めないようにしましょう。

あたためればあたためるほど、健康的な母乳がドカドカ生成され続けます。

卒乳後に私がとった対策は、

  • お風呂はさっと済ます
  • もしくはシャワーにする
  • もしくは入らない←これはダメw
  • 保冷剤を当てて冷やす←風邪ひかないでね

 

温めないように意識し、搾乳回数を減らす。

これだけでもぐっと母乳量を落とすことができますよ~

 

ただ、それだけではおっぱいの完全閉鎖まではできませんでした。

3.ハーブの力で母乳の分泌を抑えよう

そこで最近導入し始めたのがハーブティー♪

1人目の育児中からヘビーユーザーとなったAMOMAの『卒乳ブレンドです。

ハーブの力で母乳の生成を抑えてくれるらしい。。。

 

1人目の時は母乳がなかなか出なくて、母乳量をアップさせる『ミルクアップブレンド』に頼りっきりだった私。

今度は母乳を止めたいんです。

子育て中って、悩みがどんどん変化していく不思議。

それだけ子どもが成長したってことですね!

 

『卒乳ブレンド』を飲み始めてはや2週間・・・

まだ絞るとちょろっと半透明な液体が出ますが、確実に出にくくなってる!!

けっこう無理やり出した感じでした(いやいや、出さなくて良い。という突っ込みは重々承知しております)

 

ここまできたら、おっぱいの完全シャットアウトに向けて、ハーブティーをがぶ飲みする週間を継続していきたいと思いますっ!!

NO MORE 映画泥棒!

NO MORE ちょろ出しおっぱい!

>>おっぱいを止めるハーブティーが気になった方は公式サイトへ

 



スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ままゴン

「子育てママに笑顔とゆとりを」がテーマの2児ママ主婦ブロガー。 孤独になりがちなママに寄り添うママ友的ブログを発信中。 2018年8月70000PV達成! 家事は適度に子育て全力。仕事に励んで資格もほしい。わがまま放題。基本的に大ざっぱ。苦手な家事は断トツで掃除。 詳しいプロフィールは↓ Website をクリックしてね♪