【目指せ完母】混合⇒完母へ移行する5つのコツ|私はこれで成功しました!




こんにちは、1人目の子育てで混合から完母への移行を成功させたままゴン(@mamagonchibigon)です!

いえーい♪笑

初めての妊娠・出産ってわからないことだらけですよね。

おっぱいっていつから出るの?勝手にだらだら出てくるものなの??などの疑問を持つ方も多いと思います。

実際に授乳がスタートしてみると、なかなかうまく軌道に乗れず、母乳量が増えない!と悩むママも・・・。

私も1人目の出産直後は本当に悩みました!

母乳足りてる?体重増えてないし、搾乳しても全然ダメ。なんで??泣

半泣き状態の日々がしばらく続きましたが、今回紹介するコツを実践したことで無事に完母へと移行することができました♪

今回はそんな私の実体験をもとに、出産後すぐに「母乳がだらだら」を実現させるコツと、混合育児でスタートしたママが完母へ移行するコツをご紹介します。



混合から完母への移行を成功させる5つのコツ

泣いたらおっぱい!泣かなくてもおっぱい!とにかくおっぱい!!

 

母乳分泌量を増やす一番の方法は「赤ちゃんに吸ってもらうこと」です!

赤ちゃんがおっぱいを吸う(刺激を与える)と、ママのカラダの中ではプロラクチンと呼ばれる女性ホルモンの分泌が促されます。このプロラクチンの濃度が高くなることで、母乳がどんどんつくられるようになります。

産後すぐは赤ちゃんもおっぱいを上手に吸えず、ママも慣れない授乳に緊張でカチコチ!

みんなスタートはそんなもんです。笑

めげずにどんどんおっぱいをあげましょう!

うまく飲めなくても、何度もおっぱいをくわえることで赤ちゃんもだんだん上手になっていきます。

 

目安として、1日に8~10回以上はおっぱいをあげましょう。

夜も赤ちゃんが寝ていたとしても、そっと抱っこして口元におっぱいをもっていってあげましょう。先にオムツを替えてあげると、なんのなくふにゃふにゃ覚醒してきます(これがなんともいえずかわいい!)

 

育児本やさまざまなサイトなどでは、「赤ちゃんの月齢がすすんできたら、生活リズムを整えるために数時間あけてから授乳しましょう。泣いたら抱っこするなど、別の方法であやしてみましょう」とよくいわれます。

しかーし!混合から完母への移行を目指すのであればそんなことは関係ありません!!

泣いたらまずおっぱいです。笑

ただし、おっぱいのあとにミルクを足す回数には気を配りましょう。おっぱいと同じように毎回ミルクを足すのはよくありません。一度ミルクを足したら、次にミルクを足すまでには3~4時間はあけてみましょう。

夜間の授乳回数を意識的に増やす

母乳量を増やすプロラクチンというホルモンは、夜間により多く分泌されます。

「夜はちょっとでも寝たいから、寝る直前はミルクを多めに足そう」という考えは捨ててください。笑

夜間、いつもより1~2回分多く授乳するようにしましょう。

新米ママ
うちの子、夜もよく寝てくれるの~♪本当にいい子だわ~♪

なんていう考えは甘い!!←と、昔の自分に喝をいれてやりたい

夜間に授乳をするかしないかで、母乳量は劇的に変わります!

ただし!夜間授乳を増やしたいからと、眠らずにおっぱいをあげ続ける!というのは逆効果。母乳量の生成にはママの睡眠もとても重要です。

夜間授乳によってプロラクチンの量がふえると、ママをリラックスさせる効果も高まります

夜間授乳で寝不足になりがちですが、テスト前に寝不足になった!というころより、ママのからだがしっかり休めるようホルモンが作用してくれているんです。

ママのからだって、人間のからだってすごいですね。笑

搾乳も大切

乳頭トラブルなどでどうしても頻回授乳ができないときは頻回に搾乳しましょう。

たまった母乳を出すことだけが目的ではなく、乳頭を頻回に刺激することで母乳量を維持することにつながります。

私の場合、乳頭トラブルがツラすぎてこの頻回搾乳をサボりました・・・。結果、母乳量は激減。泣

手絞りでも充分搾乳効果は得られるため、意識的に搾乳するようにしてみましょう。

搾乳器や乳頭保護器をうまく併用することでママの負担も軽減できますよ♪

赤ちゃんとのスキンシップをふやそう

ママと赤ちゃんが見つめ合い、触れ合い、声をきく

これだけでもママの脳は刺激され、プロラクチンの量は増えるといわれています。

ぜひ赤ちゃんとのスキンシップの時間をふやしてみてください。

自分の声に出して「かわいいね」「大好きだよ」と話しかけることもとても大切です。

自分の声によって脳がより活性化され、効果が高まります。

こんなかたくるしい理論より、赤ちゃんとの絆が深まる!!という魅力があります。母乳量うんぬんにかかわらず、皆さんにオススメしたい!笑

ママのからだのケアも大切

おっぱいはママの血液からつくられます。ママが水分不足になると、母乳も十分につくられないだけでなく、ママが貧血になったり、疲れやすくなるなどのデメリットがあります。

授乳期はいつもより意識的に水分を補給するようにしましょう。

からだが冷えてしまうと血行不良になり、やはり母乳量は減ってしまいます。

なるべくからだを温めるよう意識してみましょう。冷たいものではなく温かい飲み物を飲んでほっと一息ついてみるのがオススメ。

からだの内側から温まり、ストレス解消にもなって一石二鳥ですね!

頻回授乳におすすめグッズ

私が母乳量が増えずに悩んでいた時期に、実際にお世話になったグッズをご紹介します。

がんばるママの負担が少しでも軽くなりますように♪

母乳育児専用オーガニックハーブティ【ミルクアップブレンド】

普段はハーブティーをあまり飲まない(コーヒー派)私でしたが、どうにか母乳量を増やそうとダメもとで購入してみたところ、本当に効果を実感できました!

そりゃ、魔法のように!!なんていったら嘘になりますが、これを飲み始めて初めて「おっぱいが張る」感覚を味わえました。

「母乳量が足りないのでは・・・」と悩んでいる方は、ぜひ一度試してみてください。本当にオススメです♪


乳頭ケア用オイル

1人目の子育てでは頻回授乳に耐え切れずに、私の乳頭はキズだらけになりました。

それでも母乳量を増やしたかった私は、歯を食いしばりながら授乳を続けていましたが、ある日、娘がゲップと同時に吐き戻したものをみてびっくり!

ままゴン
ピ、ピンク色?!!!

そこで授乳を一度断念し、混合育児に切り替えることを決意しました。

このままではダメだ!やっぱり完母を目指したい!と奮起した私は、キズの治療と同時に乳頭ケアやおっぱいマッサージに力を入れるようになりました。

その時にお世話になったのがこのオイル▼



先ほど紹介したハーブティー「ミルクアップブレンド」と同じ会社から発売されているものです。

少量でものびがよく、赤ちゃんにも安心して使えるということで、だいぶお世話になりました。笑

ままゴン
こんなことならもっと早くから使っておけばよかった・・・

と、後悔した経験をふまえ、2人目の際は妊娠中のおっぱいマッサージから取り入れました。結果、特に大きな乳頭トラブルもなく完母での子育てにはげんでいます♪

授乳クッション

授乳クッションは頻回授乳には必須アイテムです。

特にまだ赤ちゃん自身が小さくふにゃふにゃの時期は絶対にあったほうがママが楽です!!

授乳クッションがないと、赤ちゃんとママのおっぱいとの間に距離感ができてしまいます。赤ちゃんがおっぱいを吸いにくいだけでなく、過度にママの乳頭に圧がかかり、乳頭裂傷などの乳頭トラブルにつながりやすくなります。

授乳の際はこれでもか!というほど赤ちゃんをおっぱいに引き寄せ、口いっぱいにおっぱいを含ませてあげることが大切です。

その際、授乳クッションがあるとママの肩や腕から余分な力が抜け、リラックスした姿勢をとることができます

一日に何度も何度もある授乳タイム。

少しでもリラックスした状態で、赤ちゃんと寄りそえる幸せな時間にしたいですね♪

完全母乳の呪縛から抜け出すことも大切!

 

完母を目指すママさんに向け、つらつらといろいろかいてきましたが、一番大切なのは【ママの笑顔】です。

私もそうでしたが、なんとか母乳量をふやそうと躍起になり、いろんな本や情報サイトを読み漁り、それでも乳頭トラブルが良くならずに思い悩む・・・。そんな日々を過ごしているときは、自分に笑顔なんて余裕はなかったです。

しかし、ダメなら混合育児だっていいじゃないか。と、心に余裕を持つことでリラックスでき、結果よい方向へ向かうことができました。

完全母乳にこだわる必要はないんです。肩の力を抜いて、自分を呪縛から解き放って、まずは目の前であなたを必要としている赤ちゃんと見つめ合ってみてください。

いろいろ試したり、努力することは大切です。でも一番は【笑顔】!!心のゆとりです♪

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

↓ぽちっとしていただき、フォローなんぞしてもらえると喜びます

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    ままゴン

    「子育てママに笑顔とゆとりを」がテーマの2児ママ主婦ブロガー。 孤独になりがちなママに寄り添うママ友的ブログを発信中。 2018年8月70000PV達成! 家事は適度に子育て全力。仕事に励んで資格もほしい。わがまま放題。基本的に大ざっぱ。苦手な家事は断トツで掃除。 詳しいプロフィールは↓ Website をクリックしてね♪