離乳食の食べ過ぎで悩むママへ「規定量」は気にしないゆるゆる育児のすすめ




生後5~6ヶ月ころからスタートする「離乳食」

ママにとって「離乳食の進め方」はわからないことだらけで戸惑うことが多いですよね。

中でも今回は『よく食べる赤ちゃん、育児書の規定量は守るべき??』の悩みについてお届けしていきます。

意識したい3つのポイント
  1. 食べ過ぎは気にしすぎなくてOK♪ 成長を長い目で考えるべし!
  2. 離乳食のバランスを意識して不安を解消
  3. お腹の調子は大丈夫?便秘や下痢には注意しよう
ズボラ主婦代表の私はぜひオススメしたい!細かいことは気にしすぎない「ゆるゆる育児」

ままゴン
ママが笑っているだけで、赤ちゃんにとって食事の時間が楽しくなりますよ~

▼赤ちゃんの便秘はこれで解決▼
赤ちゃんの便秘解消に効く日本一人気のオリゴ糖をチェック

▼合わせて読みたいオススメ記事▼

【育児ストレス解消法の決定版】「ママ休みの日」で心もからだもリフレッシュ!

2018.04.12

【産後太りはこれでおさらば!】骨盤ベルト徹底解説!いつから必要?種類別おすすめの使い方は?

2018.03.31

スポンサーリンク

離乳食の食べ過ぎは気にしなくてOK

食べ過ぎ赤ちゃん 元気なら問題なし

規定量通りに用意した献立でも、ペロッと食べちゃう子っていますよね。

わが家の長女がそうでした。

ままゴン
もう終わりだよ~、よく食べたね~♪
チビゴン1号
・・・。ギャーーーーー(号泣)
チビゴン1号
足りないんじゃ~!!もっと持ってこーい!!怒
ままゴン
ひぃぃぃ~、すぐにお持ちいたします~泣

こんな感じで、もう規定量とか関係ありませんでしたね。笑

 

そもそも「規定量」はあくまで目安であり絶対に守らなければいけないものではありません。

1回の食事でとらえる必要もなく1日・1週間・1ヶ月などの長い期間で考えればいいのです。

「離乳食の量」ではなく「赤ちゃんの成長」で考えることが重要です。

食べすぎかな?と感じても、成長曲線の範囲にはいっていれば、それは赤ちゃんにとって必要な食事量であるといえます。

注意

離乳食を食べ過ぎて体調を崩したり、便秘や下痢になっている場合は要注意!

赤ちゃんのおなかに負担がかかりすぎている証拠です。

離乳食の量や栄養バランスを見直してみましょう。

▼赤ちゃんの便秘はこれで解決▼
赤ちゃんの便秘解消に効く日本一人気のオリゴ糖をチェック

規定量通りにすべての食材を量る必要性はある?

1回の食事で「規定量」にこだわりすぎる必要はありませんが栄養面のバランスは大切です。

炭水化物・タンパク質・ビタミン&ミネラル

ざっくりでいいので、この3大栄養素のバランスを整えながら献立を考えてみましょう。

ままゴン
だからって、いちいち量るのはめんどくさ~い
ぱぱゴン
・・・正直なとこがままゴンらしいね。笑

 

いや、めんどくさいでしょ!ママは忙しいんです!!

 

毎食すべての食材を量る必要はありません。1日や1週間トータルで考えればいいので、

「朝はパン粥が中心で偏ってるからおやつはバナナにしようかな?」「お昼と夜でタンパク質と野菜を多めにあげよう♪」

といった感じで、栄養を整えていけば問題ありません。

 

よく食べる子の場合も同じように考えればOKです。

「さっきはお粥を多めにあげたから、次は野菜中心に増やしてみよう!」

このくらいの「ゆるゆるスタンス」でいいんです。

ミルクや母乳とのバランスは??

よく食べる子の場合、ミルクを足す量は減らした方がいいか?と悩みますよね。

月齢の小さいうちは離乳食の量は気にせず、目安量に従ってミルクを足してしまって問題ありません。

月齢がすすみ、離乳食の回数や量が増えているのにミルクをぐびぐび飲みたがる子もいますよね。

この場合は赤ちゃんの成長ペースに合わせてミルクの量を調節してあげましょう。

離乳食で十分に栄養が摂れている場合は、ミルクの量を減らしてしまってOK

ミルクくれぇぇと泣く場合は、食事と一緒に麦茶などの水分を飲ませるようにしてみてください♪

ままゴン
母乳に関しては深く考えすぎず、ほしがるだけあげてOKですよ♪

スポンサーリンク

離乳食の食べ過ぎで注意したいポイント

野菜中心の食事に

お腹がいっぱいになるからといって、炭水化物ばかりどんどんあげてしまうのは肥満の原因になることも。

規定量よりもたくさん食べたがる赤ちゃんには、できる限り野菜の量を増やして調節してみましょう♪

野菜ならたくさん食べても体にいいし、色んな味に触れることで赤ちゃんの味覚の発達も促すことができますよ~

汁ものを飲ませて満足感アップ

もっとくれぇぇぇという赤ちゃんには、食事に汁ものを添えてみてください♪

満足感が得られやすいうえ、食材の栄養も残さず摂取できて超オススメですよ~

ただし、塩分の摂りすぎには注意が必要です。

野菜の煮汁を使ったスープや、天然ダシでつくるお吸い物なんていかがっすか?

味付けは薄味を意識しよう

食事の量が多い分、塩分や油分も規定より多く摂取してしまうことになりますよね。

内臓の機能が未発達な赤ちゃんにとって、これらの摂り過ぎは負担がかかってしまい便秘や下痢の原因に。

食事量が多い場合は、目安量よりもさらに薄味を意識したほうが安心です♪

お腹の具合は大丈夫?

しつこいようですが、ここが一番大切なポイントなのでもう一度

離乳食の食べ過ぎでお腹をこわしていませんか??便秘気味じゃないですか??

お腹の調子が整わないと夜泣きの原因になることも。

ウンチのたびに苦しくて泣いちゃうなんてかわいそうですよね。

規定量を気にしすぎる必要はありません!が、赤ちゃんの成長と健康には十分気を配るようにしてくださいね♪

▼赤ちゃんの便秘はこれで解決▼
赤ちゃんの便秘解消に効く日本一人気のオリゴ糖をチェック

スポンサーリンク

ゆるゆる育児のすすめ

大人だって、食べムラはあるよね?

「規定量」にとらわれすぎる必要はありません。

大人だって、食欲が止まらない日ってありますよね??

疲れていて食欲がない日もありますよね??

赤ちゃんだって同じです。育児書通り、毎食きっちり食べる子なんていません。

それでいいんです!←川平風。サッカーファンには伝わる??

大人だって、好き嫌いはあるよね?

大人だって、好きなものはどんどん食べちゃいますよね??

焼き肉?カレー?甘党の人はケーキバイキングなんかもう!止まりません!!

赤ちゃんだって同じです。おいしいと感じる食材はもぐもぐ食べます。

ちょっと苦手な食材はべ~っと吐き出すかもしれません。

それでいいんです!!くぅ~っっ!!←博多華丸風。ものまねの方ね。

ママだって、ゆる~く考えないとね

育児書の情報であたまでっかちになりすぎると、ママは余計つかれてしまいます。

「なんで規定量はあげたのに泣くの?」「私がなにか間違ってるの?」

なんていう風に、悩みが増えるばかり。

 

【ゆるゆる育児】で大丈夫です。

成長曲線を目安にして、長いスパンで赤ちゃんの成長を見守ってあげましょう。

 

こまかいことで悩むママより、ママの笑顔!

赤ちゃんにとって、ママの笑顔が一番です♪

子育てがつらい!もう逃げたい!と感じたときにまずやるべき5つのこと

2018.04.12

おまけの話

肥満になるのが心配?それなら運動が一番!!

離乳食も食べて、ミルクもがぶがぶ・・・

このままだと肥満になるのでは??と心配なママもいると思います。

 

ただ、生後1~2年の離乳時期はあまり深く考えすぎる必要はありません。

肥満を気にして、離乳食やミルクの量を減らすことは、赤ちゃんにとってデメリットの方が大きいです。

 

太りやすい家系だ!などの理由でどうしても肥満が気になる場合は、体を使った遊びをたくさんしてあげましょう。

ハイハイをしたり、つかまり立ちで歩いたりする時間を増やすことは、赤ちゃんの成長にも大切です。

 

2~3歳ころになっても成長曲線からはみ出してしまっていたり、肥満体型が気になる場合は、運動にくわえて食事内容(脂質の量など)を見直す必要があります。

 

赤ちゃんの時期は、たくさん食べてたくさん遊ぶ!!

これで、いいんです!←しつこい。笑

雨の日の室内遊びでもう悩まない!1・2・3歳児向け|子どもの発達を促すオススメの遊び特集

2018.05.11

赤ちゃんとの外出時におすすめ!!スキンケア&便利グッズ23選

2017.12.06

今日のまとめ

今回は、「食べ過ぎは問題なし!?離乳食「規定量」は気にしないゆるゆる育児のすすめ」についてお届けしてきました。

ママがつくった離乳食をおいしくたくさん食べてくれる、これってとてもハッピーはことですよね♪

悩みすぎず、赤ちゃんの成長を見守っていきましょう~

ゆるゆる育児で、ママも赤ちゃんも笑顔が増えますように♪

▼赤ちゃんの便秘はこれで解決▼
赤ちゃんの便秘解消に効く日本一人気のオリゴ糖をチェック

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
↓ぽちっとしていただき、フォローなんぞしていただけると嬉しいです

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ままゴン

「子育てママに笑顔とゆとりを」がテーマの2児ママ主婦ブロガー。 孤独になりがちなママに寄り添うママ友的ブログを発信中。 2018年8月70000PV達成! 家事は適度に子育て全力。仕事に励んで資格もほしい。わがまま放題。基本的に大ざっぱ。苦手な家事は断トツで掃除。 詳しいプロフィールは↓ Website をクリックしてね♪